Q&A

よくあるご質問

 

 

Q. 歯髄再生治療とはどんな治療ですか?
A. 矯正治療や親知らずなどのご自身の不用歯から歯髄幹細胞を取り出して、虫歯などにより抜髄した(神経を抜いた)歯に移植し、歯髄を蘇らせる治療です。

 

Q. 折れてしまった歯の再生はできますか?
A. 歯髄再生治療は歯の中の歯髄を蘇らせる治療です。残念ながら折れてしまった歯を治したり、抜歯した歯を再生させたりすることはできません。

 

Q. 歯髄再生治療はどこまですすんでいるのですか?
A. ヒトの臨床研究で5例を終えています。全例で安全性が確認され、歯髄再生(歯の感覚が戻った)に成功しています。

 

Q. 歯髄再生治療はいつ頃から受けられますか?
A. 現在、治療開始に向けて準備しており、2021年頃を目標として皆さまにお届けできる予定です。

 

Q. 歯髄再生治療はどこで受けられますか?
A. 当社と連携する歯科クリニック(国際くらしの医療館・神戸 4階)で受けて頂くことができます。その後、技術を全国に広め、国の許可を得た歯科医院で治療を受けて頂けるよう、準備を進めていきます。

 

Q. 歯髄再生治療は誰でも受けられますか?
A.

治療には健康な歯髄があるご自身の不用歯が必要です。また、下記のような方は、治療が難しくなる可能性があります。
・重度の糖尿病、心血管系の病気、高血圧、骨粗鬆症、妊娠中・妊娠予定者
・アレルギー、脳貧血などで気分が悪くなった経験がある方
ご本人の歯の状態や健康状態などを治療前に検査をさせて頂いたうえで、治療ができるかどうかを判断させて頂きます。


 

Q. 以前に抜髄した歯がありますが、今からでも再生治療を受けることはできますか?
A. 現在、研究を進めている段階です。将来治療が可能になった場合、抜髄した歯の状態(感染の程度、歯の残り具合、破折の有無等)や骨の状態(根尖病変の大きさ等)などから総合的に判断します。

 

Q. 自分の親知らずは抜いてしまっているのですが、家族の歯から採った歯髄でも治療は受けられますか?
A. まずはご自身の不用歯から採取した歯髄幹細胞を自分に戻す(自家移植)治療を行います。将来的にはご家族の乳歯・永久歯などから採取した幹細胞でも治療が受けられるよう研究を進めています。

 

Q. 保険は適用されますか?
A. 現時点では自費診療となります。

 

Q. 歯髄幹細胞が増やせなかった場合はどうなりますか?
A. 他に不用歯があれば、再び歯髄幹細胞を採取できる可能性があります。他に不用歯がない場合には、残念ながら再生治療を受けていただくことはできなくなります。その際には、通常の治療法(人工物による充填)で歯の中の穴を塞ぎます。ただし、今後の研究により、将来的にご家族や他人の歯から採取した同種の歯髄幹細胞を移植できる可能性があります。

 

Q. なぜ歯髄再生治療は重要なのですか?
A. 抜髄する(神経を抜く)と、虫歯が進行しても痛みに気づかずにそのまま放置される可能性があります。また、細菌に対する防御反応や歯の一部を修復するはたらきもなくなります。通常通り人工物を詰めて治療しても、やがて(20年ぐらい後には)根の下に膿がたまる病気(感染根管歯)になったり、歯が割れたりする可能性も出てきます。
歯髄再生治療で歯髄を蘇らせることにより、本来の歯の機能を回復し、歯を長持ちさせることができる可能性があります。